映画

中央線沿いのおすすめの映画館「立川シネマシティ」の魅力

中央線沿いのおすすめの映画館「立川シネマシティ」の魅力

私は中央線沿いに住んでいる映画好きです。小学生の時から映画を見る時はほぼ、個人的に最高の映画館だと思っている「立川・シネマシティ」で見ています。

立川のシネマシティは「シネマ・ツー」「シネマ・ワン」の2館を運営している地元資本系の映画館ですが、他の映画館と何が違うのかというと…

シネマシティの魅力
  1. 音響システムにこだわった爆音・極音上映
  2. お得で便利な会員システム
  3. リバイバル上映やリクエスト上映

主にこの3点が、他の映画館と差別化された魅力です。ほかにも立川シネマシティの魅力はたくさんあります。中央線沿いで映画を見るならなぜ「立川シネマシティ」がおすすめなのか、詳しく語っていきたいと思います。

ツタヤディスカス都度課金がおすすめ
ツタヤディスカス歴4年 おすすめの「都度課金サービス(単品レンタル)」を解説【全品30泊31日】 この記事では、「都度課金サービス(単品レンタル)」の仕組みと料金について解説しています。ツタヤディスカスのその都度課金の魅力をご紹介...

立川・シネマシティの魅力4つ

1.駅近立地。JR立川駅から徒歩約5分

シネマシティには「シネマ・ツー」と「シネマ・ワン」があります。

  • 「シネマ・ツー」まではJR立川駅から徒歩6分
  • 「シネマ・ワン」まではJR立川駅から徒歩5分

どちらも徒歩5分程度と駅近なところもシネマシティの魅力の一つです。また、映画館がある方向の立川北口は、屋根付き通路が多いため、雨の日もアクセスしやすくなっています。

立川シネマシティ「シネマ・ツー」へのアクセス

立川シネマシティ「シネマ・ワン」へのアクセス

2.立川シネマシティこだわりの音響システムによる「爆音・極音上映」

立川シネマシティの最大の特徴「爆音・極音」上映。シネマシティが映画好きに支持される理由の一つです。映画館で映画を見る理由のなかには「大画面で臨場感を味わいたい」という理由もあると思いますが、「音」も臨場感には欠かせませんよね。シネマシティは、音のこだわりが強く、音響設備にかなりの投資しているそうです。高額なスピーカーを導入して「極音・爆音上映」をしているにも関わらず、価格は通常の上映と同じです。

立川シネマシティの極音上映って?

立川シネマシティの「極音上映」とは、プロの音響家が、上映劇場に合わせて最適な音響に調整した作品を上映することです。詳しい理論は素人にはわからない話ですが、劇場の形状やスピーカーの配置などで音の響きは変わりますよね。立川のシネマシティでは、通常料金と変わらない価格で、上映劇場に合わせた最適な音響で映画を楽しむことができるのです。ミュージカル系の作品だとより一層極音の良さを感じられると思います。

立川シネマシティの爆音上映って?

こだわりの音響器具を使用した爆音で極上の重低音を味わえる上映です。前の方の席で見ると音が体に”ビビビビ”と振動として伝わり、より臨場感を味わうことができます。アクション系の映画を見る時に特におすすめです。

3.1度見るだけで元がとれるかも。シネマシティの便利でお得な会員システム「シティズン」

シネマシティには「シティズン」という会員システムがあります。この会員システムの魅力は「料金」と「予約システム」。

シネマシティ会員システム「シティズン」の会員費と割引額

会員費は6ヶ月会員なら600円、1年会員なら1,000円です。会員になって平日または20時以降に映画を見ると、通常1,800円のところ1,000円で見れますので、6ヶ月会員の場合1発で元を取れてしまいます。

平日料金土日祝日料金20時以降
(レイトショー)
一般1,800円1,800円1,300円
6ヶ月会員
(入会費600円)
1,000円
(割引額800円)
1,300円
(割引額500円)
1,000円
(割引額800円)
1年会員
(入会費1,000円)
1,000円
(割引額800円)
1,300円
(割引額500円)
1,000円
(割引額800円)

ちなみに私が今年(2018年)シネマシティで観た映画は現在10本。チケット購入履歴を見た所、お得分5,500円-年会費1,000円で「4,500円」お得に観れたようです。
シネマシティ購入履歴

上映20分前までキャンセル可能なお客さんに優しい予約システム

会員「シティズン」に入会すると、シネマシティでは、映画のチケットをスマホやPCから予約することができるようになります。この予約システムの嬉しい特典は2点です。

予約システムのポイント
  • 上映開始20分前まで無料でキャンセル可能
  • 会員限定で先行予約ができる

“見に行けるかまだわからないけれど席を確保しておきたい”そんなときでも上映20分前までなら無料でキャンセルができるため、安心して予約することができます。

また、会員なら一般の方が予約できる日の1日先まで予約することができるのです。リバイバル上映や特別企画上映はすぐに満席になりますので、会員だと有利に席を確保することができます。ちなみにシネマシティでは、毎週火曜日にその週の土曜日から翌週金曜日までのスケジュールが発表されます。どうしても良い席で鑑賞したい作品がある場合は、火曜日の0時にアクセスして席を確保するのがおすすめです。

4.新作上映だけじゃないリバイバル上映やリクエスト上映も魅力

シネマシティでは新作映画だけでなく、昔の映画をリバイバル上映することがあります。「バックトゥーザフューチャー」や「戦場のメリークリスマス」などの昔の作品を上映することも。ただ昔の作品を上映するだけでなく、シネマシティならではの音響設備によって、当時では味わえなかった音を感じることができるのも魅力です。また、お客さんからのリクエストが多い作品を上映してくれることも嬉しいです。

立川シネマシティの細かいお気に入りポイント5つ

シネマシティの主な良いところをご紹介してきましたが、個人的なシネマシティの細かいお気に入りポイントをご紹介します。シネマシティに行かれたことがある方には「わかる〜」と思っていただけるポイントなはず。

1.肘掛部分が広く、隣の人との距離があるため映画に集中できる

シネマシティの座席は、肘を置く部分の幅が広いです。目視ですが10cm以上はあると思いますので、隣の人が知らない人でも気になりづらく、映画に集中できる座席になっています。

2.座席についている照明が暖かい雰囲気で落ち着ける

座席についている暖色系のランプ。映画が始まる前までは点灯しています。暗闇の中で点々と光る照明は、映画館で映画の始まりを待っているだけなのに、なんだか落ち着いた気持ちにさせてくれます。

3.映画好きが多くマナーが良い

音にこだわった上映をしているシネマシティ。様々なところから映画好きが集まる映画館です。そのためなのか、上映中のおしゃべり、携帯、座席を蹴るなどの行為が気になったことがありません。上映後に時々自然と拍手が起こることがよくあるくらい、映画好きな人が集まっているためマナーが良いのかもしれません。

4.上映前にスタッフさんが肉声で挨拶してくれる

シネマシティの変わっているポイントの一つが上映前のスタッフさんの挨拶。他の映画館ではなかなか見られない光景です。映画上映開始の数分前になると、シネマシティのスタッフさんがスクリーン前に立ち、上映作品名や、上映時のマナーなどについてお話してくださいます。このような呼びかけがマナー向上に繋がっているのかもしれません。

5.上映前にTVのCMのような宣伝が流れない、宣伝が長すぎない

映画上映前に流れる「映画の宣伝」。永遠に映画が始まらないんじゃと思うほど宣伝が長い映画館や、TVCMのような現実的な映像を流す映画館もあります。映画を見るときは「非現実的な世界を集中して観たい」と思うので、長すぎる宣伝や生活感がありすぎる宣伝を見ると少し気持ちが下がってしまいます。シネマシティは上映映画以外の宣伝はありませんし、時間も長すぎないため、映画を集中して観ることができます。

まとめ

個人的に最高だと思っている映画館「立川シネマシティ」。
近くにお住いの方、音にこだわった上映を楽しみたい方にぜひ訪れてもらいたい特別な映画館です。