ブログのこと

グーグルアドセンスの審査に3回不合格になった私が合格した方法

googleadsense合格スクリーンショット

この記事では、グーグルアドセンスの審査に「Googleのポリシーに準拠していないサイト」という理由で3回落ちた私が、4回目で合格する前に行ったブログ改善方法についてまとめました。

グーグルアドセンスの審査に「Google のポリシーに準拠していないサイト」という理由で3回不合格になりました。4回目で合格することができましたので、合格前に行ったブログ改善策をご紹介いたします。
グーグルのポリシーに反した内容の記事を書いていないのに受からない」そんな方は、ブログ記事の内容・クオリティではなく、ブログデザインやカテゴリー分けに問題があるのかもしれません。

アドセンス初申し込みから合格までの道のりまとめ

私は2018年7月にブログを始めました。ブログを始めるにあたっての目標の一つに「グーグルアドセンスに合格」することがありました。ブログの記事数が10になった頃、グーグルアドセンスの審査に初めて申し込みました。

2018年7月25日ブログ初投稿。
2018年7月28日アドセンス初申し込み。この時点で記事数10記事
2018年8月22日アドセンス不承認通知。
約1ヶ月音沙汰なしでした。不合格理由は「サイトは審査不能」。審査する際に、サイトがダウンしているか、表示できない状態とのこと。
約1ヶ月待っていたけれど見れなかっただけという理由でした。
ちなみ入力したURLは正しかったのでなぜ表示できなかったのかはわかりません。
2018年8月22日アドセンス2回目申し込み。この時点で記事数28記事
2018年8月23日アドセンス2回目の不承認通知。不合格理由は「Google のポリシーに準拠していないサイト」。「Google AdSenseのプログラムポリシーに準拠していない」か「ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン」に準拠していないとのことでした。

前回はブログが見れない状態で審査不可でしたが、何も変えずに再審査してもらえました。「サイトは審査不能」で審査落ちした場合、試しにもう一度審査依頼してみると、普通に審査してもらえるかもしれません。

2018年9月9日アドセンス3回目の申し込み。
医療や投資関係の記事は審査にあまりよくない?ような情報を目にし、医療と結びつきがありそうな美容系記事と投資の記事を削除して再申請しました。記事を削除したため、この時点で記事数は27記事
2018年9月11日アドセンス3回目の不承認通知。不合格理由は前回と同じです。
不合格通知メールに書いてある「不合格理由」を要約すると以下3点を改善する必要があるようでした。

  1. ユーザーにとって価値がある、独自性と関連性が高いサイトにすること
  2. 自動生成したページはダメ
  3. ユーザーの利便性を考えた操作しやすく、ユーザーが探している情報を見つけやすいデザインにすること

①の独自性はあるつもりでしたので、これがダメなら合格は難しいかもと思い特に記事内容は変更せず。
②自動生成したページはないため、同じく記事内容は変更しませんでした。
③カテゴリーのばらつきや記事カテゴリーの重複があり、わかりづらかったため、カテゴリーの整理をしました。また、デザインももっとわかりやすく改善しました。(詳しい改善内容は後ほど)

Adsense プログラムポリシー」と「ウェブマスター向けの品質ガイドライン」も再読しました。

2018年9月11日アドセンス4回目の申し込み。
2018年9月13日アドセンス合格通知
ブログ開設約2ヶ月目、
27記事で合格しました。
不合格通知が来た後、期間を開けて再審査依頼したほうが良いという噂があります。しかし不合格通知が来た日に再審査依頼して合格しましたので、期間を空けなくても問題ないようです。

アドセンス合格前に行った改善策6つ

アドセンス不合格理由「Google のポリシーに準拠していないサイト」対策の改善案

アドセンス合格前に行った改善策は以下6点です。

アドセンス合格に向けた改善策
  1. ブログをユーザーフレンドリーを意識したデザインに改善
  2. ブログのカテゴリー整理
  3. 記事のカテゴリーの修正
  4. 画像代わりに使用していた広告を削除
  5. 記事内文章の「改行」と「段落」を使い分けた
  6. お問い合わせフォーム設置

3回目の審査で落ちた後に行った改善策なので、上記内容の内のどれか、あるいは全部が効果的だったということになります。グーグルアドセンスの不合格理由は明確に「ここがダメ」などは書いていない為、なにが悪いのかわからず改善が難しいと思いました。私が行った改善策の詳しい内容を一つずつご紹介していきます。

1.ブログをユーザーフレンドリーを意識したデザインに改善

スマホのページが見づらかったため、デザインを変更しました。(ちなみに私が使用しているブログテンプレートはWord pressのJINです。)

具体的な改善案
  1. スマホトップページにスマホスクロールメニューを追加
  2. スマホ固定フッターメニューを追加

とにかくユーザーが見やすいサイトデザインにしようと意識してメニューを見やすい位置に配置しました。

2.ブログのカテゴリーの整理

具体的な改善案
  1. 親カテゴリーの数を減らす

親カテゴリーの数多すぎたため、親カテゴリーを減らして整理しました。
親カテゴリーでなくても良いと思ったものは、子カテゴリーに移動させて整理しました。
アドセンス合格時の親カテゴリー数は「5」です。
整理前は8個程度ありました。

3.記事のカテゴリーの修正

具体的な改善案
  1. 一つの記事に結びつける親カテゴリーは1つにした

アドセンス合格前は、一つの記事に親カテゴリーを複数結びつけていたため、別のカテゴリーを見ても、同じ記事が表示される状態でした。そこで、一つの記事に結びつける親カテゴリーは1つまでにしました。カテゴリーを明確に分け難い記事もあり悩みますが、一番適当なカテゴリーのみを選ぶようにしています。

4.画像代わりに使用していた広告を削除

具体的な改善案
  1. 商品画像代わりに使用していた広告画像を全て削除。広告画像を使用していた部分はカエレバリンクに変更。

商品を紹介する際に、「もしもアフィリエイト」の広告画像を画像代わりに使用していました。
そして商品紹介文後にカエレバで商品リンクを貼っていました。画像代わりに使用している広告をユーザーが広告と気づかずクリックしてしまうかもしれないと思い、画像代わりに使用していた広告を全て削除。不合格通知メールの不合格理由には記載されていないことでしたが、ユーザーにとって使いにくいと判断されているかも?と思い削除してみました。

アドセンスの広告を貼っているブログで、商品画像に広告画像を使用しているブログはあるため、こちらは合格には関係ないかもしれません。問題なさそうであれば、商品画像があったほうが見栄えが良いため記事再編集を検討中です。

5.記事内文章の「改行」と「段落」を使い分けた

審査合格前までは、記事内の改行をすべて「段落<p>」で行っていました。改行が<br>であることはわかっていたのですが、恥ずかしながらWord pressのビジュアルエディターでの改行方法がわからず(ぐぐればすぐわかるのに)全て<p>を使用して段落として改行していました。
行間が広すぎて見づらかったため、「改行」と「段落」を適切に使い分けるようにしました。ちなみに私が使用している「Word Press」のビジュアルエディターで改行する場合は「Shift」+「Enter」、段落にする場合は「Enter」です。

6.お問い合わせフォーム設置

アドセンス合格に向けた対策記事をたくさん読まれた方はご存知かと思いますが、アドセンスに合格するには「お問い合わせページが必要」と多くのサイトに書かれています。私はプロフィールにメールアドレスを載せていたため、お問い合わせページを作らなくても大丈夫かなと思っていましたが、念のためお問い合わせフォームを作りました。

お問い合わせフォームは、Word pressプラグイン「Contact Form 7」で作成しました。このプラグインを使えば、簡単にお問い合わせページを導入することができます。
Contact Form 7の導入はこちらのページを参考にしました。
バズ部:Contact Form 7の使い方

まとめ

アドセンス合格に向けて行った改善策を改めて振り返ってみると「ブログデザイン改善」と「カテゴリーの整理」が功を奏したように思います。

ABOUT ME
アバター
ゆき
身軽にシンプルにミニマムに。そして健やかな暮らしをゆるく目指すブログです。シンプルミニマム健やかライフを目指すべく実践したことや買ってよかったものをご紹介。詳しいプロフィールこちら