イラスト

【アクリル絵の具・リキテックス】レギュラーとソフトとプライムの違いについて

リキテックス比較

この記事では、アクリル絵の具「リキテックス」の種類の違いによる使用感について書いています。

私は学生時代から絵の具で絵を描いています。表現したい画風によって画材を変えることがありますが、主に使用している画材は、アクリル絵の具の「リキテックス」です。

リキテックスには一番一般的な「レギュラー」タイプ、さらっとした乳液状の「ソフト」タイプ、高級な「プライム」タイプがあります。

レギュラー・ソフト・プライムをパレットに出して違いを比較しました。

無印良品のアクリルラックで見せる収納(絵の具)
【画材の収納アイデア】無印良品のアクリル収納シリーズで見せる収納方法【絵の具・筆】 この記事では、無印良品の「アクリル収納シリーズ」を使った絵の具をキレイに見やすく収納する方法を紹介しています。使いたい時にすぐに使え...

はじめに:リキテックスの種類について(レギュラー/ソフト/プライム)

向いている画風硬さ
レギュラー油絵風チューブから出してそのままナイフで描ける硬さ
ソフト水彩風さらっとした乳液状
プライム油絵風チューブから出してそのままナイフで描ける硬さ

リキテックスの絵の具は「油絵風に向いているレギュラーとプライム」「水彩風に向いているソフト」のように大きく2種類に分けることができます。
しかし、レギュラーとプライムも、薄めれば水彩風に描くことができます。
ただ水をたすほど顔料が薄まってしまいますので、初めから水彩タッチで描くつもりであれば、ソフトの方が発色が良く描けます。

レギュラーとプライムは一見似ているように思えますが、レギュラーとプライムの大きな違いは樹脂の透明度です。
従来のアクリル絵の具が乳白色の樹脂を使用しているのに対し、プライムは透明度が高い樹脂を使用しています。
そのため、発色がよく、絵の具が乾いた後も色が変わりにくいという性質を持っています。
また、プライムの方が顔料の純度が高いそう。
そのぶん他の種類に比べお値段が少し高く、「レギュラーの高級版がプライム」といった印象です。

部屋で油絵を描きたい!でも匂い・汚れが気になる方におすすめの画材「リキテックス」
匂いも汚れも気にせずお部屋で油絵風イラストを描ける画材「リキテックス」のご紹介 部屋で油絵を描きたい…でも匂いや汚れが気になってしまう。そんな時におすすめの、ほぼ無臭で乾燥前なら水でも落としやすく、乾きが早い「ア...

リキテックスの種類の違いを画像で比較

リキテックスの違い比較画像は左から「レギュラー」「ソフト」「プライム」です。
紙パレットに少しだけ絵の具を出しました。(レギュラーが少し少なかったです…)

リキテックスの違いアップ
真ん中のソフトは水分量が多く柔らかいためスーッと平たく伸びてしまいました。
向かって右端の「プライム」は絵の具が硬いため盛り上がってぷりっとしています。レギュラーはソフトとプライムの中間と行った印象です。

リキテックスの違い比較 筆で伸ばした状態同じくらいの力で筆で伸ばした状態です。

リキテックスの違い比較 筆で伸ばした状態 アップ※レギュラーが少なかったため少し足しました。レギュラーとプライムは硬い感じですが、ソフトはかなり水っぽい感じです。

まとめ

油絵風や厚塗りで表現したい場合はレギュラー、水彩風で表現したい場合はソフトがおすすめです。プライムは発色や品質を求める方にぴったりな絵の具です。個人的な感想ですが、レギュラーよりもプライムの方がこってりとしているように感じます。そのため、油絵風タッチに一番おすすめなのは「プライム」だと思います(実際に使ってみて感じた個人の感想です)

ABOUT ME
アバター
ゆき
身軽にシンプルにミニマムに。そして健やかな暮らしをゆるく目指すブログです。シンプルミニマム健やかライフを目指すべく実践したことや買ってよかったものをご紹介。詳しいプロフィールこちら