雑記

有休消化中の社会人が車の免許を取った話。1ヶ月+11日で免許を取得。

有休消化中の社会人が車の免許を取った話。

会社を退職した際、有給がたくさんあったため、有休消化中に「AT限定の車の免許」を取りに教習所に通いました。
教習所を無事卒業後、免許センターで学科受験をし、無事AT限定の免許を取得しました。

  • 免許取得にかかった期間は1ヶ月+11日
  • 実際に教習所に通ったり、試験を受けに行った日数は23日
  • 免許取得にかかった金額は約29万円(税込)+交通費

短期間ではありましたが、社会人になってから一番頑張ったことは免許を取ったことかも…と思うくらい、私にとっては大変でした。(学生のうちに取った方は賢い!えらい!)
20代後半の社会人が、教習所に入所してから免許を取るまでの「期間や価格」「教習所で感じたこと」「学科・技能検定」についてまとめました。
社会人で「免許を取りたいけれど迷っている」そんな方の一つの参考になれば幸いです。

車の免許を取ろうと思った理由

私は学生のうちは免許を取る気がありませんでしたが、社会人になってから「免許を取りたい」と思うようになりました。親が病気をした際に「自分が車の運転ができたら病院へ送っていけるのに」と思ったことがきっかけです。
そのほかにも

  • マイナンバーカード以外の顔写真付き身分証明が欲しかった
  • スーパーでたくさん買い物しても持ち帰る時楽そうだと思った

などなどの理由です。

マイナンバーカードを証明写真機KiReiで申請!申請方法や完成までの時間、価格まとめ様々な手続きで求められる「写真付き身分証明書」。 車の免許を取らない方が増えてきた現在では、「写真付き身分証明書」を求められると困って...

免許は欲しいけれど、教習所に通うのが不安だった

免許は学生のうちに取る方が多いイメージ。

  • 社会人が教習所に行ったら浮くのではないか
  • 雰囲気に馴染じめないのではないか

といった不安がありました。また、技能テストや学科テストで不合格になるとスケジュール通りに進まなくなってしまいます。

  • 自分に運転なんてできるのだろうか
  • スケジュール通り進められずに卒業できなかったらどうしよう

という不安も。結果的に、社会人でも教習所では浮くこともなく、「運転なんて無理…」と思っていた私でも免許を取ることができました。(20代後半〜30代前半くらいならとくに浮かないと思います)

免許取得にかかった期間は1ヶ月+11日

  1. 教習所入所から卒業までの期間…1ヶ月+1週間
  2. 教習所入所から免許取得までの期間…1ヶ月+11日

私は「短期集中プラン」という、入所した時に卒業までのスケジュールを作成してもらうプランで契約しました。(通常契約は自分でスケジュールを考えて授業を受けます)
スケジュールを考えて作ってくれるだけでなく、通常契約の方よりも優先的に予約を入れてくれるそうです。
私は基本的には平日のみ教習所に通うスケジュールで組んでもらい、1ヶ月で卒業できる予定でした。
しかし、仮免検定に一度落ち、次の検定予約が取れる日まで数日間空いてしまい、卒業が予定より8日遅れてしまいました。
教習所を卒業してから4日後に免許センターで受験し、合格したため、免許を取るまでにかかった期間は1ヶ月+11日です。

免許取得にかかった日数と金額

免許取得にかかった日数は23日

  1. 教習所に通った日数…22日
  2. 免許センター受験…1日

合計23日で免許を取得しました。

教習所にいた時間は1日少なくて2時間、多くて7時間くらいです。
実際に教習所に通ってみて「免許を取るにはやはり時間がかかる」と思いました。
私は会社から自宅の距離が離れているため、仕事帰りに教習所に通うことが難しく、「会社を辞める時くらいしか教習所に通えるチャンス」はないと思っていました。
もちろん土日だけ教習所に通って免許を取られる方もいらっしゃいます。
しかし、体力に自信がないため通い切れそうにないと思い、土日で免許を取ることは諦めていました。(実際に通ってみて、平日仕事で土日教習所はなかなか体力がいると思いました)

免許取得にかかった金額は税込約29万円

  1. 基本料金…270,900円
  2. 短期集中プラン料金…21,600円
  3. 安心パック料金…0円
  4. 仮免試験&交付手数料…2,850円
  5. キャンペーン割引…-10,000円
  6. 免許センターでの試験手数料:1,750円
  7. 免許センターでの免許交付手数料:2,050円

免許取得にかかった合計金額は289,150円(税込)+交通費です。

教習所に通う前に、通える範囲の教習所に資料請求をしたり、HPを見て価格を調べましたが、短期集中プランの場合約30〜40万円程度とかなり開きがありました。
※短期集中プラン:教習生の希望に沿ったスケジュールを組んでもらえるプラン。
※安心パック:技能や検定に落ちても追加料金がかからないオプション。私が通っていた教習所は20代までは無料で安心パックが付いていました。

社会人が教習所に通ってみた感想

教習所の雰囲気:社会人が通っても意外と浮かなかった

教習所は学生が多く、社会人が教習所に行くと浮くのでは?という不安がありました。
実際通ってみても学生が圧倒的に多いですが、時々スーツを来た社会人の方もいらっしゃいました。
そのため、私はそこまで浮くことなく過ごせたました。
勝手な想像で、教習所でお友達を作り和気藹々と過ごす学生さんもいっしゃるのかと思っていました。しかし、みなさん「淡々と授業を受けて即帰る」感じでした。
教習所にもよるかと思いますが、案外淡々とした雰囲気の場所なので、社会人(とくに20代〜30代前半くらいの方)でも浮かなかったです。

学科の勉強:学科は難しくない。暗記ができればOK!

免許を取得するには「仮免検定」と「本免検定」での筆記テストをクリアする必要があります
筆記テストといっても、「◯」「×」を選ぶだけなので難しくはありません。
検定前に1日時間をとって、教科書を繰り返し読んだり、練習問題を何度か解けば合格することができると思います。
学科試験はとくに苦労しませんでした。

技能実習:センスがない人には運転は難しい!怖い!でも意外と合格できる!

実技ははじめは教習所内で行い、仮免検定合格後路上を走ります。
初めて運転した際、信号・標識・周りの状況を確認しつつ、ハンドル・ブレーキ・アクセル操作をしなくてはならない忙しさに「これは無理だ…」と思いました。
私は運動神経がとても悪く、体育の際いつも辛かったのですが、車を運転しているとそのことを思い出しました。自分が苦手な科目に取り組んでいる感覚です。
得意な道に進み、苦手を避けてきた人生だったため、教習所での勉強は人生で大変だったことBEST5に入る思い出になりました

と言うと合格できなかったかのようですが、結果的には「仮免検定(技能)」に1度不合格になっただけで、他は全て1回で合格することができました
教習所の先生が「教習所での授業も大事だけれど、卒業して路上に出てからが本当の練習」とおっしゃっていました。
完璧な運転ができなければ合格できないといったことはありません。
「運転なんてできない…」と不安に思われている方も、ぜひチャレンジしてみてほしいです。

技能検定:技能検定はメンタルが一番大事

技能検定は、助手席に教官、後部座席に自分以外の教習生を1人を乗せて行います。
教官に一挙一動をチェックされながら、知らない人を後部座席に乗せて運転しなければならない状況に少なからず緊張してしまうはず。
私は初めて仮免の技能検定を受けた時にとても緊張してしまい、練習ではしたことがない失敗をたくさんし、仮免検定に落ちました
落ち着いてやればできることも、緊張してしまうと何もかもできなくなるんだなあと感じた経験でした。
技能検定は落ち着いてやることが大事!」と学んでからは、仮免の再検定も本免検定も落ちることなく合格することができました。

免許センターでの学科テスト:暗記すれば大丈夫!

免許センターでの試験は95問100点満点中90点以上取れば合格です。
◯×問題のため、ひたすら暗記すれば合格することができます。
ただ、ひっかけ問題が多いので、文章をよく読むことが大切です。

働きながら免許を取るのは大変。有休消化期間中の免許取得はおすすめ!

有給消化中に教習所に通ってみて、働きながら土日に免許を取れたかなあと考えてみると、難しいように思いました。
毎週末元気に遊ぶ方なら大丈夫かもしれません!
しかし、週に1日は引き篭もらなきゃ休みじゃないと思う私には難しいと感じる忙しさでした。

有休消化中に教習所につめつめで通い、約1ヶ月弱で免許が取れてよかったと思います。
顔写真付き身分証明書としても使えるので、車を運転しなくても免許証を持っていると便利です!