読書

本屋さんでもらえるおしゃれな紙製ブックカバーBEST3

書店のブックカバー

ここの記事では、「丸善」「ナツイチ」「有隣堂」の紙製ブックカバーについてご紹介しています。

通勤電車で本を読むのに欠かせない(私の場合)ブックカバー。本屋さんで本を買うと、店員さんが「カバーお付けしますか?」と確認してくださります。汚れ防止だったり、なんの本を読んでいるのか他人に知られないようにすることができるブックカバー。

読んでいる本を周りの人に知られるのってなぜか恥ずかしいです。

今回は、私のお気に入りのブックカバーをご紹介したいと思います。(お店でいただける紙製のものです。)

宅配買取で本を断捨離【駿河屋】
【本の断捨離】駿河屋で本を宅配買取してもらいました。かかった日数と買取金額について。 読書をする際に電子書籍も購入しますが、場所を取るとわかっていながらもついつい読みやすい紙の本を購入してしまいます。 読み...
一人でできるおすすめの趣味「読書」
おすすめの笑えるエッセイ本まとめ【笑いたい時読みたいおもしろいエッセイ3選】 この記事では、エッセイ好きの私が選んだ、楽しい気分になれる笑えるエッセイ本を3冊ご紹介します。 読書は勉強のためにするようなイメ...

BEST1 丸善のブックカバー

丸善のブックカバー

大きな店舗が多く、本好きにはたまらない丸善。

日本橋丸善で本を購入すると頂ける、クラフト紙に「M」マークがプリントされたブックカバーがMy Bestブックカバーです。(写真右)クラフト紙にスミ1色で、「日本の知、本の力。丸善」のキャッチコピーとロゴマークが印刷されたシンプルなブックカバー。

手に持った時の感触が少しざらついていて滑りづらく、ボロボロになっても味があって素敵です。機能的な作りも魅力。ブックカバー内側右部分がポケット状になっているので、本右側をポケットに差し込み、左側の余った部分を本に合わせて折るだけで取り付けることができます。

丸善のブックカバー

グラフィックの美しさと機能美を兼ね揃えた、素敵なブックカバーです。このブックカバーは、日本橋店でしかもらったことがないので、日本橋店限定かもしれません。私が行った日本橋店以外の店舗は、日本地図と店舗の位置が印刷された白いブックカバー(写真左)です。こちらも素敵ですが、ブックカバーのためについ日本橋店へ行ってしまいます。

BEST2 集英社ナツイチ限定「よまにゃリバーシブルブックカバー」(2017年限定)

集英社ナツイチ よまにゃのブックカバー

集英社さんが毎年夏に行っているキャンペーン「ナツイチ」。対象の本を1冊購入すると、景品をもらえるキャンペーンです。

2017年は、猫のキャラクター「よまにゃ」のイラストがプリントされた「よまにゃリバーシブルブックカバー」が景品でした。種類は、高い耐水性を誇る「ストーンペーパー」を使用したカバーと、和紙の風合いが素敵な「エレガントペーパー」各2種、計4種でした。

表と裏面でデザインが異なるため、気分に合わせて2通り楽しむことができます。耐水性の高いストーンペーパーのブックカバーは、紙なのにお風呂読書にもぴったりです。(写真のブックカバーはストーンペーパー製)

ブルーの色が爽やかで素敵ですし、猫好きにはたまらないデザインです。

可愛すぎて使うのがもったいない

BEST3 有隣堂のブックカバー

有隣堂のブックカバー

文房具なども幅広く取り揃えている「有隣堂」。有隣堂のブックカバーの特徴は「文庫カラーカバー」と言う、10色から選べるサービスです。皮しぼ模様が特徴の高級感がある紙です。

さわりごこちは、さらっとしていて、わずかに皮しぼの凹凸が感じられます。ブックカバー下部にはロゴ、カバーの両端には「本は心の旅路」のキャッチコピーがシルバーでプリントされている上品なデザインです。

10色から選べますが、2009年〜2010年全店有隣堂調べの人気カラーは以下の通りです。

1位ブラック

2位ダークブルー

3位グリーン

4位ライトブルー

5位ワインレッド

引用元:有隣堂

個人的にはダークブルーが好きですが、ブラックもかっこよさそうです。

まとめ

お店によって、機能やデザインにこだわったブックカバーがあって、どのお店で本を購入するかも左右されるような気がします。

ブックカバーの装着率がどれくらいか気になります

http://yukinobunko.com/essay-travel

ABOUT ME
アバター
ゆき
身軽にシンプルにミニマムに。そして健やかな暮らしをゆるく目指すブログです。シンプルミニマム健やかライフを目指すべく実践したことや買ってよかったものをご紹介。詳しいプロフィールこちら