仕事のこと

学生時代にファーストフード店Mでアルバイトし、合わずに半年で辞めた話。

高校時代にファーストフード店Mでバイトし、合わずに半年で辞めた話

お小遣いになったり、人生経験になるアルバイト。
私は約10年前に某ファーストフード店Mで人生初バイトをしました。
結果的に、内向的なオタク学生だったため、体育会系な雰囲気について行けず、半年で辞めてしまいました。

店舗によって働いている方は様々なので一概には言えませんが、実際にアルバイトしてみて私が感じた「ファーストフード店Mで働いてみて辛かったこと」をご紹介します。

高校生の時に100均でアルバイトした話。100均は忙しい学生のアルバイトにおすすめ!
学生時代に100均でアルバイトした話。100均のアルバイトは学生におすすめ! この記事では、学生時代に某100円ショップでアルバイトしてみて感じた「良かった事」「大変だったこと」について書いています。結論か...

ファーストフード店Mでバイトをしようと思った理由は「人見知り克服」

高校時代の私は、オタク友達と絵を描いてる目立たず静かなタイプでした。
それはそれで楽しかったのですが、人見知りが激しく、「もっと人と気軽に話せるようになりたい」と思い、接客業であるファーストフード店Mでバイトを始めました。
しかし元々静かなオタクなわたしには、ファーストフード店Mは、従業員が元気すぎて合いませんでした。(大人になってから思うと、人見知りも無理して直さなくても、それなりに生きていけるなあと思います。)

ファーストフード店Mでバイトしてみて辛かったこと&辞めた理由

1.働いてる人が元気すぎて合わなかった

ファーストフード店Mではクルーと呼ばれる従業員たち。
私が働いていた店舗は大体が自分と同じ学生でした。
私は「バイトはお金を稼ぐところ」という認識で働いていたため、クルー同士でプライベートで遊んだり連絡するつもりはありませんでした。
ですが、外向的で元気なクルーたちは頻繁に遊んでおり、誘われたり断ったりが面倒になってしまいました。

また、クルー同士のカップルが複数おり、クルー内で泥沼の浮気もあり、人間関係も面倒になってしまいした。
一言で言うと、内向的オタクが入る場所ではなかったのです。
ちょっとやんちゃな所謂リア充向けの職場でした。

2.元気よく接客するのが辛かった・ノリが合わなかった

ファーストフード店Mでは、ドリンクを作ってもらったりすると「〜サンキュー!」のようなお礼をする決まりがあります。
そのノリを楽しめる方には問題ありませんが、テンションが低いオタクにはきつい決まりでした。
自分に合わないテンションを求められると疲れてしまいますよね。
アルバイト先は長い時間を過ごす場所ですので、自分が無理しないで働くことができる職場が良いと思います。

3.客層が悪かった

飲み屋街にあり、酔っ払いのお客さんが多く、対応に困ることがありました。

  • お酒を飲みすぎてカウンターに倒れこむお客さん
  • 数メートル先からもお酒の匂いがするお客さん
  • 待ち切れず怒り出すお客さん

などなど。お客様対応の悩みは尽きませんでした。(酔っ払ったお客さんにハンバーガーを投げつけられたクルーの方もいました…)

4.時給が最低賃金だった

私が勤めていた店舗は市内で一番混むにも関わらず、時給が「最低賃金」でした。
時給が安いため、辛くても長時間働かないとお給料が増えないのです。
大人になるにつれてしみじみ思いますが、必ずしも「大変な仕事=時給が高い」ではありません。
「わりに合わないな」と感じたら、他のアルバイトにチャレンジしてみるのもおすすめです。

5.忙しすぎて、寝ていてもバイトをしている夢を見るようになり、終わりを感じた

市内で一番混む店舗に勤めていたため、忙しさのあまり、寝ていてもバイトをしている夢を見るようになりました。
「切羽詰まりすぎて夢に見てしまう体験」を初めてしました。
「お客様は!?」と言って目を覚ました時「辞めよう」と決意。
次のアルバイト先を決めてから辞めました。
次のアルバイトは100均一のアルバイトでした。
ファーストフード店Mよりも仕事がきつくなく、人間関係も良く、時給は100円以上高かったので、4年続けて働くことができました。
この経験から、職場選びは大事だと学びました。

高校生の時に100均でアルバイトした話。100均は忙しい学生のアルバイトにおすすめ!
学生時代に100均でアルバイトした話。100均のアルバイトは学生におすすめ! この記事では、学生時代に某100円ショップでアルバイトしてみて感じた「良かった事」「大変だったこと」について書いています。結論か...

まとめ

全国にあるため気軽にアルバイト応募できる「ファーストフード店M」。
内向的オタク学生だった私には合わない職場でしたが、仲間を作ってワイワイ働きたい方には良い職場かもしれません。

辛いことが多かったファーストフード店Mでのバイトでしたが、辛いことを経験したからこそ、職場選びについて考える機会になりました。

  • 仕事の大変さが時給には結びつかないこと
  • 立地によっては客層が悪く苦労すること
  • 人間関係は職場により異なること

などなど色々と学ぶことがありましたので、有益な経験だったと思っています。
人見知りが改善されたかと言うと、多少ましになった程度です。
接客業ゆえに「人の目を見て話す」「愛想を良く笑顔で接する」訓練にはなりました。
大人になってみると、辛いことも一つの経験だなあと思います。でも辛いのは嫌なので半年で辞めたけど!