ハンドメイド

自分でできるぬいぐるみの「修理方法」(穴の修復)【縫い方紹介】

ぬいぐるみの修理方法

この記事では、自分で簡単にぬいぐるみの穴を修理する方法をご紹介します。縫い跡が目立たない「ラダーステッチ」の縫い方の図解と実践写真付き。

「思い出のぬいぐるみに穴が空いてしまった」「お子さんが大切にしているぬいぐるみに穴が空いてしまった」など、どうしても直したいぬいぐるみを自分で修理できたら嬉しいですよね。

そこで、ぬいぐるみの穴を簡単にきれいに塞ぐことができる縫い方をご紹介します。

ラダーステッチをマスターすれば、今日からあなたもぬいぐるみのお医者さん!
ぬいぐるみの洗濯の仕方
ぬいぐるみメーカーの中の人が語るぬいぐるみの「洗濯・お手入れの仕方」と「ダニ予防方法」 この記事では、なるべく型崩れを起こさないぬいぐるみの「洗濯・お手入れの仕方」と「ダニ予防方法」をご紹介しています。最後に固まって...

ぬいぐるみの穴を修理するのにおすすめの縫い方「ラダーステッチ」

ラダーステッチ図解

ぬいぐるみの穴を目立たないように修理する方法としておすすめなのが「ラダーステッチ」。
「コの字縫い」「はしごがかり」「渡しまつり」とも呼ばれます。
ぬいぐるみを作る仕上げの作業として、綿を入れる工程があります。
綿を入れる開き口を閉じる方法の多くは手縫いであり、そのときに使われる縫い方が「ラダーステッチ」です。

ラダーステッチなら、表から縫い目が見えにくいため、きれいに仕上げることができます。
この縫い方を覚えると、服や小物のちょっとした穴をふさぎたい時にも役に立ちます。

ラダーステッチの縫い方

ラダーステッチは「コの字縫い」「はしごがかり」などと呼ばれていますが、その名前の通り、「コ」のような動きで「はしご」のように縫いっていく縫い方です。

ラダーステッチのコツ
  1. 針に糸を2本通しして玉結びをします。
  2. 縫い合わせたい開き口の生地を内側にやや折り込みます。
  3. 玉結びが見えないよう、生地裏面から針を通していきます。
  4. やや内側に織り込んだ部分同士を、2〜3mm間隔ではしご状に縫ってきます。はしごのように水平に縫っていくことがきれいに仕上げるポイントです。また、一針ずつ糸を引いて閉じるようなイメージで縫っていくときれいです。
  5. 最後まで縫い終えたら、玉結びをし、縫製線に入れ込んで完成です。

生地が少し寄ってしまったところがある場合は、優しく引っ張って整えると解消します。

created by Rinker
ぬいぐるみのクリーニング屋さん
¥900
(2019/06/18 22:52:36時点 Amazon調べ-詳細)

実際にぬいぐるみの背中の穴をラダーステッチで塞いでみました

僕が手術を受けました!
ぬいぐるみの修理方法

穴が空いていたのがわからないくらい、きれいに塞ぐことができました。

やったー!

手術を受けたくまさんは私が作った座高8cmのミニチュアテディベアですが、このサイズ感の穴なら1、2分で塞ぐことができます。

毛足が長いぬいぐるみの場合、縫い目に挟まった毛を立毛器でかきだしてあげるとよりきれいに仕上げることができます。(先が細い目打ちなどでも代用できます。)

ぬいぐるみのお手入れに使う立毛器

時間もかからず簡単にできる縫い方なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ぬいぐるみの洗濯の仕方
ぬいぐるみメーカーの中の人が語るぬいぐるみの「洗濯・お手入れの仕方」と「ダニ予防方法」 この記事では、なるべく型崩れを起こさないぬいぐるみの「洗濯・お手入れの仕方」と「ダニ予防方法」をご紹介しています。最後に固まって...