仕事のこと

職業訓練 WEBデザインコースの授業内容

職業訓練 WEBデザインコースの授業内容

公共職業訓練「WEBデザインコース」を修了したため、職業訓練の「WEBデザインコース」で習った内容についてまとめました。
職業訓練のWEBデザインコースでは「何を習うのか」「何ができるようになるのか」「どんな人におすすめのコースなのか」興味がある方の参考になれば幸いです。
※職業訓練は学校によって授業内容が変わるため、あくまでも参考としてご覧ください。

職業訓練に通ってみてわかった公共職業訓練のメリット・デメリット
職業訓練に通ってみて感じた公共職業訓練のメリット・デメリット私はWEBデザインの公共職業訓練校に通っています。 公共職業訓練に通い始めて感じた、公共職業訓練のメリットとデメリットをまとめました。...

職業訓練WEBデザインコースの授業内容

  1. インターネットについて
  2. HTML5+CSS3
  3. レスポンシブデザイン
  4. Javascript
  5. プレゼンテーション

私が受けた職業訓練は3ヶ月の座学+1ヶ月の企業実習です。
3ヶ月の間に上記項目について学習しました。(企業実習では、企業へインターンのような形で勉強をしに行くので、授業として習うのははじめの3ヶ月のみとなります。)

インターネットについて

PCの基礎やインターネット、ウェブの基礎知識、ウェブ制作のワークフロー、セキュリティなどについて学びます。
「WEB業務に従事するにあたって知っておきたい基本的な知識」を習いました。

HTML5+CSS3

HTML5+CSS3でのWEB制作の基礎を習います。
これを習えば、ひとまずサイト制作はできるようになります。とは言っても基礎なので、授業外でも自身で勉強していくのは必須だと感じました。
3ヶ月の座学の後企業実習に行ったのですが、現場の「こんなコードの書き方いまどきあまりしないよ〜」と言われました。やり方が少し古め?のようですが、WEBの世界は進化が早いので、仕方のないことです。

WEB制作の授業で使用するソフト

  1. TeraPad(メモ帳のようなテキストエディタ)
  2. Dreamweaver(WEB制作ソフト)

上記2種類のソフトを使って学習しました。
はじめにTeraPadで簡単なHTMLを手打ちでコーディングし、HTMLの構造を理解した後、Dreamweaverで制作していく流れです。

企業実習で聞いた話ですが、「Dreamweaver」を使用している制作会社は少ないとのことでした。コーディングは慣れると手打ちの方が楽とのことです。

レスポンシブデザイン

スマートフォンが普及した現在、サイトによっては観覧者の7割がスマホからという情報も。
WEBデザインではレスポンシブデザインが必須です。
あまり時間が割かれていなかったですが、レスポンシブデザインの方法も習いました。
上記でも書いたように、やり方が少し古めのものですが、レスポンシブするサイトを作れるようになります。

Javascript

プログラムを作るのではなく、WEBサイトにjQueryなどのプラグインを取り入れる方法を学びます。

習ったもの
  1. スムーススクロール(ページ上部へする〜っと動くあれ)
  2. ロールオーバー(画像切り替え)
  3. Lightbox(画像ギャラリー)
  4. 文字サイズ変更(サイト全体の文字サイズを小/中/大で選択可能にする)
  5. カルーセルパネル(画像切り替え)

などなど。
基本的にプログラムをつくるのではなく、WEBサイトに組み込む方法を習うため、ネットで調べればできる内容です。

習うアプリケーション

  1. Photoshop
  2. Illustrator
  3. Dreamweaver
  4. PowerPoint

WEB制作は、Photohsopでデザインカンプを作成し、Dreamweaverでコーディングしていく流れでしたので、この中でも特にPhotoshopとDreamweaverの授業が8割くらいです。(講師の方によると、今後Adobe XDを使用した方法も授業に取り入れていこうかと考えているとのことでした。)
Illustratorの授業は2日のみでした。
PowerPointは、WEB制作には直接関係ありませんが、作ったサイトをクライアントにプレゼンする際の資料作りのために習いました。

習いたかったけど授業になかった内容

3ヶ月しかない授業では、できればこれも習いたかったな〜と思ったことが3点ありました。以下は独学で勉強していく必要があると思った項目です。

  1. UX/UIデザイン
  2. アニメーション
  3. ポートフォリオの作り方のコツ

UX/UIデザイン

ユーザーにとってわかりやすく、楽しんで操作してもらえるデザインの法則などを知りたいと思いました。
授業ではUX/UIデザインについては触れることがありませんでした。
制作時間になると「制作を開始してください」と言われ、個々の考えに任せて制作を始める流れでしたので、UX/UIを考える余裕はあまりありません。
私は畑は違えど元デザイナーでしたので、UX/UIについて少しは知識がありました。しかし、デザインについて全く考えたことがない方の場合、ユーザーにとって便利なデザインはなかなか考えつきにくいのではないでしょうか。

職業訓練のWEBデザインコースにおいては、UX/UIデザインについて独自に勉強を進めていかなくてはいけないと感じました。講師の方や企業実習先の社長はUI/UXデザインは「見て学ぶのが一番じゃないか」とおっしゃっていました。

アニメーション

最近のWEBサイトはアニメーションや動画が使われているものが多いです。
アニメーションや動画を使用することによって、画面に動きが出てUXを向上することができます。
職業訓練WEBデザインコースでは、アニメーションについては全く習いませんでした。
現在、「After Effects」や「Animate CC」などを使って独学中です。

ポートフォリオの作り方のコツ

デザイナーが就職活動をする際に求められる作品集「ポートフォリオサイト」。
採用者側から見て魅力的なポートフォリオサイトの特徴などが知りたかったなあと思いました。
そういった授業はありませんでしたが、講師の方にコツを聞いたり、ポートフォリオサイトを見てもらったりすることは可能だったはずと少し反省しています。

その他:色彩論

私自身は前職がデザイン関連であったため、配色について悩むことはありませんでしたが、ノンデザイナーの方は、配色について悩んでいる方が多くいた印象です。
色彩はセンスではなく知識が重要なため、色彩論の授業があれば、悩む方も減ったのではないかと思いました。配色に自信がない場合「色彩検定」の勉強がおすすめです。

色彩検定って何の役に立つ?色彩検定1級に合格したら仕事・趣味に役立った話
色彩検定って役に立つの?色彩検定1級に合格したら仕事・趣味に役立った話デザインやイラストを勉強または仕事にしている方には有名な「色彩検定」。 色について、センスではなく論理的に学ぶことができる検定です。 ...

実際どれくらい作れるようになるのか

前職でECサイトの編集程度の経験がある私の場合、完璧ではありませんがPCサイトとスマホ・タブレット対応のレスポンシブサイトの「デザインカンプ制作」と「コーディング」ができるようになりました。(動きは少なめですが…)

前職も知識もバラバラな人たちが同じ授業を受けるため、どれくらい作れるようになるかも人それぞれです。
全く経験がなくても、すらすらコーディングできるようになった方もいます。(「ピクセルってなんですか?」と質問していた方もかっこいいサイトを作られていました!)
逆に、グラフィックデザイン出身の方で、デザインカンプは上手にできてもコーディングは苦手という方もいました。
3ヶ月という短い期間ですので、どれくらいできるようになるかは「学習意欲」+「飲み込みの良さ(向き不向き)」にかかってるように感じました。WEB制作を趣味程度でもやったことがある方の方が、スムーズに学習することができると思います。

取れる資格

私は職業訓練を受ける前から、WEB制作を独学で勉強していました。
独学の方向が正しいのか確かめるために「ウェブデザイン技能検定」(一応国家資格!)を受けたことがあります。
学校ではとくに資格を取得する機会はありませんが、「ウェブデザイン技能検定」であればWEBデザインコースの勉強+資格の勉強で比較的楽に資格を取ることができると思います。
実力世界のデザインの現場では、デザイン系の資格は「もっていても仕方ないよ」と言われることが多いですが、持っていて悪いこともありません。
資格を取れるくらいの知識を持っているという証明になりますので、資格取得にチャレンジしてみるのもおすすめです。

まとめ:職業訓練WEBデザインコースこんな人におすすめ

3ヶ月の座学+1ヶ月の職場実習を終えて、職業訓練WEBデザインコースをおすすめした人はこんな方です。

  1. WEB制作に興味がある方
  2. 昔WEB制作をしていたけど、レスポンシブなど新しい技術がわからずWEB業界への転職を躊躇している方
  3. がっつり制作ではなくてもWEB制作(ECやWEB更新担当職など)の仕事をしたい方

私は職業訓練を受けてみてよかったと思っています。
WEBの知識を得られることは自信につながりますし、できることが増えました。
様々な方と出会えたり、雇用保険の面などからみてもメリットがたくさんあります。
WEBデザインの職業訓練を受けようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

職業訓練に通ってみてわかった公共職業訓練のメリット・デメリット
職業訓練に通ってみて感じた公共職業訓練のメリット・デメリット私はWEBデザインの公共職業訓練校に通っています。 公共職業訓練に通い始めて感じた、公共職業訓練のメリットとデメリットをまとめました。...