暮らしをよくする

【ワコールで初試着体験】ジャストサイズの下着で、胸の形が整いバストアップした話。【下着は試着必須】

下着は試着して買おう。下着試着体験談

この記事では、下着を試着してから購入するようになってから感じた体の変化について書いています。下着のプロにジャストサイズを選んでもらったら、胸のサイズも形も変わりました。試着の流れもご紹介。

私は昨年まで下着を試着して購入したことがありませんでした。「恥ずかしい」「めんどう」「だいたいこれくらいのサイズで合ってるかな」と思っていたからです。

今年になって初めて下着を試着して購入するようになりましたが、「いままでつけてたのはなんだったんだろう?」と言うくらいつけ心地や見た目が変わりました。私はワコールショップの「ビューティーアドバイザー」さんにサイズを測ってもらった後、フィッティングをして理想の下着を見つけました

プロにお任せすると自信を持って下着を選ぶことができますし、綺麗に一歩近づくと感じました。

無印良品のメイクパレットを使った自作メイクパレット。市販のメイク道具を一つにまとめました 無印良品の「メイクパレット・M」を使用して、「アイシャドウ」「チーク」「ファンデーション」を一つのパレットにまとめました。パレットにセ...

ジャストサイズの下着(ブラジャー)をつけるようになって変わったこと

ジャストサイズの下着をつけることによる体の変化ジャストサイズの下着をつけるようになって半年。

胸の形に変化がありました。

  1. 胸が丸くなった
  2. 胸が少し大きくなった
  3. 胸の左右差が減った
  4. バージスラインができた

胸が丸くなった

いままでサイズがあっていないブラをつけ続けていたため、胸がカップからはみ出て平らになっていた状態でした。ジャストサイズのブラをつけたことによってカップの中にしっかりと胸が収まったため、胸の形が丸くなりました。

脂肪は形状記憶するため、カップにしっかりと胸を入れることで胸が丸くなります。

いままで試着しないで生きてきたことを後悔しました。

胸が少し大きくなった

胸が丸くなったことで胸に高さが出て少し大きくなりました。カップからはみ出ていたお肉が胸になったようです。ブラをジャストサイズに変えただけなのに、半年で2cmバストアップしました。体重は特に変わっていません。

胸の大きさの左右差が減った

胸の大きさに左右差がある方は意外と多いそうで、私も左右差が悩みの種でした。ジャストサイズをつけることによって、お肉が胸に行ったのか、多少左右差が減りました。

ビューティーアドバイザーさんに胸の大きさに左右差があることを相談したところ、左右差がある場合は大きいほうに下着のサイズを合わせるのが正解とのことでした。(小さいサイズだと、大きいほうの胸が潰れてしまうため)

バージスラインができた

今までなかったバージスラインができました。バージスラインとは、お腹と胸の境界線です。バージスラインは胸が大きい人にしかできないと思っていましたが、B65くらいでもできることもあるみたいです。

おそらく、合わないブラをつけて横に広がっていた胸がカップに収まったので、高さが出てバージスラインができたように思います。

医療脱毛してよかったことまとめ。時間が節約できてお肌も綺麗になりました!
医療脱毛してよかったことまとめ。時間が節約できてお肌も綺麗に! ムダ毛処理が煩わしくて実際に医療脱毛をしてみて良かったことをまとめました。 医療脱毛したら楽そうだけれど、決して安くはないし痛み...

ワコールショップでの試着の流れ

試着室で採寸

私は下着はいつもワコールで購入するため、ワコールショップで採寸・試着をすることにしました。

<下着を試着する流れ>

  1. 採寸
  2. 自分で下着をつける
  3. ビューティーアドバイザーさんに下着を正しくつけてもらう
  4. ビューティーアドバイザーさんにサイズ感を確認してもらう
  5. 完了orサイズが合わなかった場合、ビューティーアドバイザーさんが見立てたサイズの下着を持ってきてもらい、再び試着

1.採寸(下着の上から)

良さそうなサイズとデザインの下着を持ち込み、試着したい旨を店員さんに伝えると、フィッティングルームに案内してくださいます。私はプロに採寸してもらったことがなかったので、採寸もお願いしました。下着の上からメジャーで採寸してもらいます。下着の上からなので恥ずかしくなることなく採寸してもらえます。

太ったり痩せたり年齢を重ねたりすると体のサイズは変わるので、今まで測ったことがあっても、変化を感じたらもう一度採寸してもらった方が良いそうです。

2.自分で下着をつける

試着室に持ち込んだ下着と自分のサイズが合っていれば、店員さんが試着室から退室されてからそのままいつも通りの感じで試着をします。

3.ビューティーアドバイザーさんに正しく下着をつけてもらう

自分での試着が完了したタイミングで、店員さんが声をかけてくれます。(お店によってはフィッティングルームに「呼び出しボタン」があり、自分が試着し終わったタイミングで店員さんを呼ぶことができます)

そして店員さんが、手袋をした状態でブラに手を入れて、胸を正しい位置に入れてくれます。(少し恥ずかしいかもしれませんが、ビューティーアドバイザーさんは日々何人ものお客さんを相手にしているため淡々と進めてくれます)

その後、ブラの肩紐を正しい位置に調節してくれます。自分でつけた時との胸の形の差に驚きました。

これが…私…?

ビューティーアドバイザーさんに整えてもらうと、胸が大きく丸くなった感じがします。

4.ビューティーアドバイザーさんがサイズ感を確認して完了

ブラのサイズがちょうど良いのか、余っているのか、溢れているのか確認してもらいます。サイズが合っていればそこで完了、合っていなければ、ビューティーアドバイザーさんが見立てたサイズの下着を持ってきてくれます。

合う下着が見つかるまで試着をすれば、自分に合ったジャストサイズの下着を見つけることができます。試着から完了まで5分程度です。

短時間でベストな下着を見つけることができるので、試着は絶対におすすめです!

試着して感じた「下着(ブラジャー)を試着してから買うべき」理由:ヌードサイズ≠ブラのサイズ

バストサイズとカップサイズは一致しない

バストサイズ≠ブラのサイズ:バストサイズは「B65」なのに、ジャストサイズは「C65/D65」だった話

私は自己採寸で「B65」で、ワコールのビューティーアドバイザーさんに測っていただいても「B65」でした。B65」のはずなのに、実際に試着してみた結果は「C65」。物によっては「D65」です。

試着室にB65の下着を持ち込み、ビューティーアドバイザーさんに整えてもらったところ、「収まっていない」とのコメントをもらい、「C65」に変えていただきました。するとしっかり胸が収まって丸くキレイに見えるようになりました。下着の形によっては「D65」の時もあります。

採寸上の数字では絶対にDはないのに…

ビューティーアドバイザーさんのお話によると、胸の実寸はあくまで参考であり、下着のサイズは下着の種類や胸の形で変わってくるとのことでした。(私の場合は胸の幅があるため、実寸よりも大きいサイズになるとのことでした)なので、毎回試着をしたほうが良いそうです。(一度試着したことがあるシリーズの下着は通販で買うこともあります)

ワコールの下着がおすすめの理由

ワコールの下着はデザインがよく、何よりつけ心地が優しいところが気に入っています。(他社商品では、胸の中央のワイヤーが痛くなるブラがありますが、ワコールの商品は痛くなりません)

また、アンチエイジングなどの機能性もあるところも魅力です。つけ心地の良さや機能性は、ワコールの長年の研究データから生み出されています。ワコール人間科学研究所では、体のエイジングについて45年以上にわたって研究しているそうです。

4歳から69歳まで、毎年約1,000人の女性の人体計測を行い、これまでに延べ40,000人以上のデータを収集してきました。

引用元:ワコール人間科学研究所

研究結果から得られたデータが製品作りに生かされています。加齢による体の変化も研究されているため、アンチエイジング製品の効果はとくに信頼が置けます。

まとめ

プロの力を借りてみたら、「恥ずかしい」「めんどくさい」「だいたいあってるはず」そう思って下着を試着してしないで購入していたことを後悔しました。試着してジャストサイズの下着をつけるだけで、胸の形が丸くキレイになったり大きくなることもあります。

プロのビューティーアドバイザーさんに採寸・コンサルティングしてもらったことは、やってよかったことの一つになりました。
無印良品のメイクパレットを使った自作メイクパレット。市販のメイク道具を一つにまとめました 無印良品の「メイクパレット・M」を使用して、「アイシャドウ」「チーク」「ファンデーション」を一つのパレットにまとめました。パレットにセ...
ABOUT ME
アバター
ゆき
身軽にシンプルにミニマムに。そして健やかな暮らしをゆるく目指すブログです。シンプルミニマム健やかライフを目指すべく実践したことや買ってよかったものをご紹介。詳しいプロフィールこちら